<< ここでまた再び品川で会うことができます | top | 私は泊まりたくなかった品川 >>

緊急事態を報告する品川

腰の周りにも、黄色の品川模様が擦れています。

それは、太ももを引き抜いた後、品川に入ることを試みていた、私は疲れていた(汗)

この「緊急事態」を報告するために、私は腰にバスタオルを巻いて楽屋から飛び出しました!

板前バル 品川個別別邸

温泉自体はよく知られた温泉です。もちろん、野外もありました。

実は、この温泉、日記を完成させるために2回行きました、
2回目は突然の出来事に見舞われたので、それも紹介します。

[二度目に行ったときは〜
品川が始まった直後、私はトイレにいました、そして私はほとんど一人でした。
ゆっくり水に浸して暖めた後、休憩を取ろうとしてトイレから更衣室の扉を開くと…とてもいい匂いがします。これは間違いなくUコもなくくの匂いです!
祖母は楽屋で一人でいます。
それはすでに夏の暑さですが、私はまだヒートテック(黒太もも)を着ています...
そして、あなたがお尻を見るならば、明らかに今o o chiを漏らした印は点在しています...

sinagawa902 | - | 16:09 | comments(0) | - |
Comment










05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--